赤毛のアンは、教師だった両親に愛されて誕生しましたが、物心つかない幼い時に、両親を一度に亡くしてしまいます。

引き取り手の親戚もないまま、酷い環境の中、想像力だけを頼りに、その境遇と正面から向き合い、やがて養兄妹となるマシューとマリラ、それから腹心の友(永遠の大親友)となるダイアナとの出会い、そしてついには、始めは決して許されない相手だが、やがて結婚する最愛の人となるギルバートに出会い、物語は展開していくのである。

見どころとしては、愛情を受けて誕生したが、すぐに両親と死に別れ、最悪の幼少期を過ごしながら、マシューとマリラとの出会いが始まったことで、温かい家庭を持ち、人として歪まずまっすぐに生き抜く、アン・シャーリーの物語を描いているところである。