赤毛のアンの主人公で、空想力豊かな女の子である。

生まれてすぐに、両親を病気で亡くし、親族もいない中、元々交流のあった、超貧乏で大家族の他人に育てられたのちに、孤児院へいくしか生きていけない状況になり、ある行き違いから、男の子を求めていたグリーンゲイブルズの老兄妹のマシューとマリラに育てられるという、やっと温かい家庭に落ち着き、心の友となるダイアナや、他のいろいろな人と出会って、素晴らしい女性へと成長していくのである。

赤毛を、非常に気にしており、そばかすや美しくないことや名前などの気に入っていないことは、想像力でカバーできるが、赤毛だけはどうしても忘れることが出来ないほどのコンプレックスを抱えており、のちに、その赤毛をからかったギルバートとの長いながい間の確執関係となり、最後には許しあうという結末をむかえる。

アンは、幼少期に愛情あふれる育ち方をしていないので、いろいろな失敗を繰り返しながら、マシューとマリラとの心の葛藤の末、互いに思いやり、本当の家族となっていくのである。

アニメーションでは『赤毛のアン』止まりだが、その後も『アンの青春』『アンの愛情』と話しは続き、大人のアンを知ることもできる。